TOP
49.69score

madoka_musica

スポンサーKataribe

ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト(DQMSL)を2ヶ月やってみた結果

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

リリースから11日間で脅威の200万ダウンロードを達成したり、異例のガチャ返金騒動が起きたりと、なにかと話題のスマホアプリ「ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト(長いのでDQMSL) 」。

リリースからちょっと遅れてやり始めたのですが、まだ続けて遊んでいます。
ゲームにはすぐ飽きてしまう自分としてはけっこう長く続いてるなーと思います。

このゲームのいいところは、なんといってもドラクエのキャラクターが出るところ!
って、なんか当たり前っぽいですが、そこが重要なんです。

先日はキングレオ討伐イベントというのが開催されました。
キングレオといえばドラクエ4に登場する中ボスで、絶対に倒せない敵なので印象深いキャラクターだと思います。
そういう思い出の敵を倒して仲間にできる、っていうのは他のゲームではなかなか真似できないことなんですよね。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

こうしたイベントが定期的に開催されるので、なんとしても仲間にしたい!というモチベーションが続き、飽きずに続けられるというわけですね。
そして、この類のゲームではアプリ内課金がどうしても絡んでくるわけですが、DQMSLでは無課金でもけっこうちゃんと遊べるように出来てます。
事実、自分もSレアキャラのキングレオやバルザックも仲間にできましたし。
恐らく無課金でもギリギリクリアできる難易度に調整されてるんだと思います。
スクエニのゲームって課金ありきなイメージだったのでちょっと意外です。

こういうゲームは、後からはじめるほど追いつけなくなるので、今さらやりたくないって人も少なくないと思います。
が、DQMSLの場合、日々難易度調整が行われていて、キングスライムやキラーマシン(ライト)など人気モンスターの配布という初心者救済措置もできましたし。
これから始めても十分楽しめるよう配慮されてるので、今さらやりづらいって人もぜひやってみてほしいです。

.

最終更新日:2014-04-13 22:37

コメント (0)