TOP
65.74score

madoka_musica

スポンサーKataribe

クソゲーオブザクソゲー SFC時代の真のクソゲー「摩訶摩訶」の魅力

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

1992年にシグマ(現アドアーズ)からスーパーファミコン用ソフトとして発売された摩訶摩訶というゲーム。
読み方は”まかまか”。ジャンルはドラクエやFFのような王道RPGで、世界観は現代とファンタジーが入り混じった感じです。

前世が大きなテーマとなっていて、セーブデータのことを「人生」と呼ぶ。
主人公達は霊媒師から自分達の前世を知ることで、「変身技」が使えるようになり、前世の姿に変身して能力を使うことができる。
というような一風変わった作風なのですが、どのようにクソゲーなのか順に説明しましょう。

クソゲーな理由その1
発売されたのが不思議なくらい大量のバグがある

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

いきなりネタバレになりますが、これエンディングのスタッフロールの画像です。
字がまったく読めません。もうバグってレベルじゃないです。しかし、この映像が見れた人はかなり根気があると思います。
なぜなら進行を妨げるほどのバグが多すぎて、まともにクリアするにはゲーム攻略以外にもバグを攻略しなくてはいけないという普通のゲームではありえない攻略法が必要となるためです。
転送バグと呼ばれる、ダンジョンの階段等で移動した時に、本来移動するはずの場所と全く関係のない場所へ転送されてしまうという凶悪なバグや、守備力バグと呼ばれる、守備力の値が特定の値になった時に強制的に0~3に下がってしまうという凶悪なバグなどが代表的ですが、本当に数えだすとキリがないほど無数のバグが存在します。
よくこんなゲームが世の中に出たものだと感心すらしてしまいます。

クソゲーな理由その2
キャラクターデザインがひどすぎる

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

見るからにひどいですねこれは。
仲間キャラクターは全員おかしいです。(一番上のパッケージ画像参照)
敵キャラもまともなキャラは一切出てきません。

この突き抜けたキャラデザイン、相原コージが手がけているそうです。
氏のギャグマンガ路線を考えるとなんだか納得してしまいますね。

クソゲーな理由その3
気が抜けるまぬけな音楽

ゲームにおいて重要な要素である音楽、聞いてもらえればわかりますが、とにかくなんだか気が抜けるまぬけな音楽なんです。
この記事を書くために改めて聞いてみたら、あれ、ちょっといいかも、と思ってしまいました。
なんと、J-WALKの知久光康が担当しているそうです。意外と力入ってたんですね。

「バグを含めて楽しんでこそ摩訶摩訶」という声もあり、バグをも楽しんでしまうような広い心でプレイすることこそ、摩訶摩訶の本当の楽しみ方なのかもしれない。

.

最終更新日:2014-02-09 02:12

コメント (0)