TOP
58.27score

madoka_musica

スポンサーKataribe

数多くの風来人が認める、不思議のダンジョンシリーズ最高傑作「女剣士アスカ見参!」とは

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

不思議のダンジョンシリーズといえば、トルネコやシレンで有名だが、アスカというのはあまり知られてないのでないだろうか。
このゲームはドリームキャストで発売され、後にPCに移植されたのだが、あまりの不人気っぷりに一時期は投売り状態となっていた。

時は流れ、ニコニコ動画でプレイ動画が流行するとゲームの面白さに気づかれ、PC版のアスカ見参が売れまくった。
最安時は1500円ほどで買えたのだが、あっという間に売り切れてしまい、中古ソフトが2万円以上までに跳ね上がるという異常な事態となった。
発売されたのが2002年。時代が違えばものすごいヒット作となっていただろう。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

不思議のダンジョンシリーズの中でアスカが一番面白いということはシリーズのファンなら誰もが認めることだろう。
特に昨今のライトプレイヤー向けの不思議のダンジョンに満足できない人は絶対にやるべきだ。

その一例として挙げられるのは、特殊ダンジョン。初代シレンでいえば、食神とか罠のようなダンジョンも様々なバリエーションが揃っていて、巻物と杖メインのダンジョンや、トルネコ2の戦士のような遊び方もできる。
そのどれもが絶妙なバランスで作られており、種類が豊富すぎるために、やりこもうとすると何年かかっても遊びきれないレベルだ。

不思議のダンジョンシリーズといえば、もっと不思議のダンジョンと呼ばれる裏ステージだが、アスカにはそれをさらに上回る極めつけのダンジョンが存在する。
もはや人がクリアすることを想定していないかのような鬼難易度だ。

アイテムが未識別状態で落ちていることはもちろんだが、保存の壺が出にくかったり、オオイカリの杖を振るデビルカンガルーが広範囲にわたって出現するなど、普通の人なら10階まで到達するのも難しいダンジョンだ。
保存の壺の出現率の低下により、このゲームの醍醐味であるアイテムの取捨選択を低層から迫られるようになり、さらには深層にいくにつれより強力になっていくイカリモンスターに対処していかねばならず、訓練された不思議のダンジョンプレイヤーは脳汁を流しながら幾度となくダンジョンで倒れていくのである。
訓練された不思議のダンジョンプレイヤーとは、ただのマゾである。

一見さんお断りな雰囲気はないこともないが、ゲーム自体は親切な作りで遊びやすくなっているので、他の機種で不思議のダンジョンの面白さに気づいてしまった人はぜひともプレイしてほしい。
プレミアがついてしまってるので値段は高いが、それだけの価値は間違いなくある。
というかこれがあれば他のゲームがいらなくなるほど面白い。

.

最終更新日:2014-04-17 11:49

コメント (0)